September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

写真家 ジュリア・マーガレット・キャメロン

川端有子先生から、またまた貴重なご本をご恵贈いただきました!

 

ヴィクトリア時代の写真家ジュリア・マーガレット・キャメロンについて書かれたご本です。
 


 
後ろの額の写真は、マーガレット・キャメロンではないのですが、
ほぼ同じ時代の写真なので並べてみました。
 
ヴィクトリア朝の後期からエドワーディアンにかけて、
こんな風に物語性の高い写真を作り上げた女性写真家たちがいました。
少年少女に天使の羽根をつけた写真は今も多くみられますが、
そういう写真の先駆者です。
 
コルセットに翼をお読みくださった読者さんにはおなじみの天使の羽根の子供。
あれももちろんそういったヴィクトリア朝の実在の写真がモチーフです。
 
ヴィクトリア朝の写真や女性の仕事に興味をお持ちの読者さんに、
絶賛おすすめいたします。
 

「ヴィクトリア朝の女性と暮らし」

ヴィクトリア朝クラスタのみなさーん。

またまた必携の書が出ましたよ! 

川端有子先生からご恵贈いただきました。

「ヴィクトリア朝の女性と暮らし」

 

 

 

19世紀の庶民女性と女の子の暮らしが細密にわかるご本で、図版もたっぷりです!

都市部も農村部もそれぞれの暮らしが網羅されていて嬉しい内容!

 

それにつけても、この価格でこの内容の濃さ!

図版の多さに版面の見易さ読みやすさ!

 

いつもながら河出書房さんのふくろうの本シリーズには驚き感動します。

いつも素晴らしい本の発行をありがとうございます。

 

 

「パンチ&ジュディ」のイギリス文化史

「図説 英国レディの世界 」の岩田託子教授が翻訳された

「「パンチ&ジュディ」のイギリス文化史」を、ご恵贈いただきました。

 

 

以前パンチ&ジュディの本をいつか出したいとお伺いしてから、ずっと楽しみに待っていました!

ついに!英国クラスタさん必携の書がまた1冊!

 

 

そしてこちらは「レディー・ヴィクトリアン」にちらっと登場したパンチ&ジュディ。

 

 

 

 

救貧院で育ったグレイが初めて外の世界の楽しみを知った日の場面です。

月間プリンセス付録の番外編(単行本収録ずみ)より

 

 

「アンと教授の歴史時計」文献リスト

アンと教授の歴史時計を描くにあたって、多くのことを学ばせていただいた文献・映像・博物館などです。

すべての本や映像の著作者さま、また博物館の関係者さまに、心からの謝辞を捧げます。

 

 

本書籍

 

<ジョンソン博士関連>

 

THE HOUSE of Words / Dr.Johnson’s House

Hodge’s HISTORY of CATS / KIRSTEN TAMBLING 

DR JOHNSON’S HOUSE DURING THE WAR/ PHYLLIS ROWELL

辞書のジョンソンの成立/ 中原章雄/ 英宝社

ジョンソン博士の言葉/ ボズウェル/中野善之

ジョンソン博士の英語辞典/ヘンリー・ヒッチンズ/田中京子/みすず書房

英国文化の巨人サミュエル・ジョンソン/ 江藤秀一・芝垣茂/諏訪部仁/港の人

 

 

<グリニッジ関連>

 

RUTH BELLVILLE/ DAVID ROONEY /NATIONAL MARITIME MUSEUM

経度への挑戦/デーヴァ・ソベル/藤井留美/翔泳社

グリニッジ・タイム/デレク・ハウス/橋爪若子/東洋書林

 

 

<サー・ウィンストン・チャーチル関連>

 

10DOWNING STREET /ANTHONY SELDON/Harold Macmillan

Household Matters Domestic Service at Blenheim Palace/JIRI BAPASOLA/BLENHEIM PALACE

SIR WINSTON CHURCHILL/ PITKIN GUIDES

わが半生/W・チャーチル/中村祐吉/角川文庫

チャーチル/河合秀和/中公新書

少年チャーチルの戦い/シリア・サンズ/河合秀和/集英社

チャーチル/ポール・ジョンソン/山岡洋一・高遠裕子/日経BP社

ダウニング街日記・上下/ジョン・コルヴィル/都築忠七・見市雅俊・光永雅明/平凡社

チャーチル・ファクター/ボリス・ジョンソン/石塚雅彦・小林恭子/プレジデント社

 

 

<ww1とww2関連>

 

WOMEN IN THE FIRST WORLD WAR /NEIL R STOREY & MOLLY HOUSEGO /SHIRE LIBRARY

WOMEN AT WAR 1914-1918/PITKIN GUIDES

First World War/Brian Wiliams/LADYBIRD HISTORY

THE Great War /DUNCAN HILL /Daily Mail

TOMMY FIRST WORLD WAR SOLDIER/PITKIN GUIDES

COUNTRY HOUSE AT WAR -1918/ PITKIN GUIDES

FASHION WOMEN IN WORLD WAR ONE/PITKIN GUIDES

BRITAIN AT WAR /MUREEN HILL /Daily Mail

THE CABINET WAR ROOMS /IMPERIAL WAR MUSEUM

CHURCHILL WAR ROOMS /IWM/ GUIDEBOOK

EVACUES/PITKIN GUIDES

THE BLITS / Peter Doyle/Shirebooks

THE HOME FRONT/Guy de la Bedoyere/ SHIRE BOOK

EVACUESS OF THE SOCOND WORLD WAR/Mike Brown/SHIRE BOOK

World War || Women’s Services/Martin Brayley・Ramiro Bujeiro/OSPREY

The Blitz/History of Britain

30s&40sBRITAIN/napping -turtle guide

The Home Front /History Britain

DAILY LIFE IN A WARTIME HOUSE /LAURA WILSON/IMPERIAL WAR MUSEUM

BATTLE OF BRITAIN/ROY CONYERS NESBIT /SUTTON

WHAT THE RAF AIRMAN TOOK TO WAR /BILL HOWARD/SHIRE BOOK

THE 1940s HOME/PAUL EVANS AND PETER DOYLE/SHIRE BOOK

ARP AND CIVIL DEFENCE IN THE SWCOND WORLD WAR/PETER DOYLE /SHIRE BOOK

WARTIME RECIPIES/JARROLD

ROYAL AIR FORCE/RAF

The Blitz/Andrew Langley/Lionheart books

写真が語る第一次世界大戦/血のビジュアル百科・あすなろ書房

第二次世界大戦/チャーチル/佐藤亮一/河出文庫

第二次世界大戦/知のヴィジュアル百科/あすなろ書房

スピットファイア/藤森篤・野原茂・佐藤雄一/エイムック

ダンケルク/ジョシュア・レヴィーン/武藤陽生/ハーパーBOOKS

 

 

 

<16~17世紀の歴史風俗>

 

The Great Fire of London /Susannna Davidson・Rick Fairlamb/MUSEUM OF LONDON

The Eighteenth Century/THE NATIONAL TRUST

Fire Plague Plot/PITKIN GUIDES

LONDON ON FIRE/FRANKLIN WATTS

THE GREAT FIRE OF LONDON /NICK HUNTER/FSC

地図で読む王政復古時代のロンドン/ラルフ・ハイド/小池滋/ 本の友社

ロンドン・上下/エドワード・ラザフォード/鈴木主税・桜井緑美子/集英社

ピープス氏の秘められた日記/臼田昭/岩波新書

ロンドン炎が生んだ世界都市/見市雅俊/講談社選書メチエ

ロンドン・ペストの恐怖/Dデフォー/栗本慎一郎

ヘンリー・フィールディング伝記 / 澤田孝史/ 春風社

ヘンデル/三澤寿喜/ 音楽之友社

 

 

<18~19世紀の歴史風俗>

 

THE Foundling/ Handel Collection

THE GEORGIAN BAWDYHOUSE / EMILY BRAND / SHIR LIBRARY

Amusement Parks / Shire Library

風刺画で読む18世紀イギリス / 小林章夫・齊藤貴子/ 朝日新聞出版社

ロンドン・フェア/ 小林章夫/ 駸々堂

スコットランド・ヤード物語/内藤弘/晶文社

18世紀ロンドンの日常生活/リチャード・B・シュウォーツ/玉井東助・江藤秀一/研究者出版

百貨店の博物史/海野弘/アーツアンドクラフツ

イギリス小説出版史/清水一嘉 /日本エディタースクール出版部

パミラ/サミュエル・リチャードソン/原田範行/研究社

ロンドンのコーヒー・ハウス/小林章夫/PHP文庫

メイドと執事の文化史/シャーン・エヴァンズ/村上リコ

 

 

十字架 史跡・歴史建造物・博物館

 

グリニッジ天文台/ロンドン・グリニッジ

ブレナム宮殿/英国・オクスフォード近郊ウッドストック

ジョンソン博物館/ロンドン・シティ

帝国戦争博物館(IWM)/ロンドン

空軍博物館/ロンドン

チャーチル博物館/ロンドン

ケンウッドハウス/ロンドン・ハムステッド

鉄道博物館/英国・ヨーク

ハーブギャレット/ロンドン

聖ポール大聖堂/ロンドン

 

 

ビデオ 映像

CITY OF VICE 

Longitude 

CHURCHILL’s BODY GUARD 

CHURCHILL 

GATHERING STORM

Reach for The SKY

BATTLE of BRITAIN 

The 1940sHouse

WORLD AIR FOECES 

 

保存保存

Drawing on the Victorians

 

ずっと以前、ホームズを論文にとりあげてくださった

ジョーンズ准教授が、ご著書の

「Drawing on the Victorians」を

お送りくださいました。

 

現代に描かれたヴィクトリア朝ということで、

レディー・ヴィクトリアンを、紹介してくださっています。

 

テニエルやパンチの絵と、同じ本に同居させてもらえることがあるなんて、

想像もしませんでした!夢のよう!嬉しいです!

 

 

こんなにたくさんのページをつかって、

レディー・ヴィクトリアンについての考察を!

 

英国人グラフィック・ノベルの旗手、

アラン・ムーアについてのページもあって、

とても興味ふかい内容です。

 

英語は、不得意ですが、

少しずつ、楽しみに読ませていただこうと思います。

 

素敵なご本をありがとうございました!

 

 

 

入江敦彦さん著「テ・鉄輪(kanawa)」

英国取材でいつもお世話になっている入江敦彦さんから、新刊をご恵贈いただきました。

「テ・鉄輪(カナワ)」の文庫化です〜。

 

以前いただいた、大きいのと並べてみましたよ。

 

 

美しいおかみが迎えてくれる、

町屋の縁切りカフェ、

サロン・ド・テ・カナワ

 

鉄輪Kanawaというのはあれです。

丑の刻参りに頭につける……

 

入江さんがあとがきで書いておられるように

「京都は

リアリティがあればあるほどフィクションに近づく

虚構と現実が入り混じった都市」

 

さっきまで、京都の観光地で普通にお茶してたはずが、

はっと気がついたら異界をのぞく井戸のふち

 

作中に登場する

「マカロンの上に丹波栗のペーストが乗ったモンブラン、

内側には生クリームではなくクロテッド」のお菓子

 

読みながら思わずぱくっといこうと思った瞬間

 

あ、これ、お話の中のお菓子やん……と気づく

 

気づいたときにはもう鉄輪のおかみに魅入られておりました。

 

 

(入江さん、なんちゅうお菓子を考えつかはるん。食べとうてかないませんがな)

 

 

文庫には、入江さんの作品解説がついててお得!

 

 

お料理も玄人はだしな入江さんの手料理、ロンドンでごちそうになったばんごはん

 

 

 

 

 

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

英国社交界ガイド

村上リコ先生から「英国社交界ガイド」ご恵贈いただきました。

 

19世紀英国の中産階級のレディ(お嬢さま)たちの生活を、

微に入り細に入り、文字どおりガイドしてくれる御本です。

まさに、19世紀英国社交界の攻略ブック!

 

英国時代ものを書かれる方、

そして英国の19世紀社交界やレディたちの生活に興味のある方、

必携のバイブルだと思います。

 

 

また、「英国社交界ガイド」は、鮮明な画像がふんだんに使用されていて、

レディーたちを生き生きと描いた、ティソの絵画などを読み解くガイドとしても、楽しめます。

 

例えばこの馬車に乗ろうとしているレディの身分や装いの目的は? など。

 

 

 

村上リコさん著、図説「英国貴族の令嬢」、図説「英国メイドの日常」

そして「英国社交界ガイド」

この3冊をセットで読まれると、
19世紀の上流階級、中産階級、労働者階級の女性たちの暮らしぶりが、
手に取るようにわかります。
合わせてオススメいたします。

保存保存

保存保存

保存保存

12345>|next>>
pagetop