February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

2020年もよろしくお願いいたします

 

あけましておめでとうございます!

2020年は漫画家生活35周年を迎えます。

長い間支えてくださった編集さんたち、

本の出版に関わるすべての方たち、

スタッフ、家族、友人、

そしてなによりも読者のみなさまに、

心からの感謝を捧げます。

35周年といっても、なにかすごくトクベツなことができるわけではないのですが、
今年は今まで以上に、読者さんが喜んでもらえるような作品を、描くことを意識したいと思います。
描くことで、恩返しができるような一年にしたいなと思います!
2020年もどうぞよろしくお願いいたします!

プリンセス・ストーリーズ「赤ずきんと狼王」

久美沙織先生の大人気シリーズ
 

 

プリンセス・ストーリーズの4冊目
 

「赤ずきんと狼王」を ご恵贈いただきました。
 

 


ものすっごく面白くて素敵な物語でした!

途中まではこういう漫画を描いてみたい!と思いながら夢中で読んで、
途中からは、わ〜 これアニメで動くところが見たい!見たい!ってなりました。

子供向きに優しい言葉で書かれていて、もちろん内容もきちんと子供向けなのですが、さすが久美先生。

小学生が中学生になってから読み返してもやっぱり面白い。


そして大人になってから読み返すとまた面白い。
違った視点や世界が見えてくる!
そんな素敵なファンタジーでロマンスで、謎解きまであるよ!なお話。

赤ずきんはプリンセスじゃないよね?と思ったあなた、
ぜひ読んでくださいね。

わ〜!そうか!そうくるか〜!って、わたしはうなりました。

そしてなにより、狼王がかわいくてかっこよくて、
そしてあるていどお姉さんの読者が読むと、
とってもセクシーなキャラなのです。最高!

 

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」の感想を、noteに書きました。

 

https://note.mu/moto_n/n/n554dd3a45e04

1月から続いた「英国女王さま映画祭り」コンプリートです!

 

「ヴィクトリア女王〜最期の秘密〜」19世紀

「女王陛下のお気に入り」18世紀

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」16世紀

公開順に、どんどこ歴史を遡ります。

 

これを逆に、古い時代から順で見ていくと、

たとえ君主という特別な立場であっても、

女性が背負うものは、どの時代にも共通点があり、

時代が新しくなるごとに、自分の望むとおりに、

自分らしく生きることが、できるようになっていくのがよくわかります。

 

もうすぐ発売の「天使がのぞきみ」でも、

この3人の女王さまについて触れています。

 

……というか、ヴィクトリア女王さまには、ガチでご登場いただきました。

こちらも、映画と合わせてご覧いただけましたら嬉しいです!

 

ps・「女王陛下のお気に入り」だけ、noteに記事がないのは、

ちょうど原稿作画中に、なんとか時間を作って見に行ったので、

ツイッターでつぶやくのがやっとだったからです。

こちらもとても良い映画でした!

 

関連ツイートのリンクを貼っておきますね。

https://twitter.com/i/web/status/1100722612169191426

https://twitter.com/moto_n/status/1105429779874902017

 

そして映画パンフレットにも、このツイートにも、

ハンプトンコート宮殿のロケはハットフィールドハウスと書いていますが、

実際には、キッチンなど、一部分はハンプトンコート宮殿でも行われたそうです。

どうりで見たことのある場所が!

 

映画「ヴィクトリア女王〜最期の秘密〜」

「ヴィクトリア女王〜最期の秘密〜」の感想を、noteに書きました。

けっこう長いです!

 

https://note.mu/moto_n/n/n504bc3f7ead6

ねこまんが

noteに、猫まんがをアップしました。

 

https://note.mu/moto_n/n/n1561841a7851

年賀状コレクション

noteに、今までに作った年賀状のコレクションをアップしました。

 

https://note.mu/moto_n/n/n5ae56002c6b0

あけましておめでとございます

 

あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

除夜の鐘を聞きながら、なんとなく思い浮かんだ子を描いて、ごあいさつ。

1234>|next>>
pagetop