August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「本好きの下剋上」公式コミックアンソロジー 1

 

「本好きの下剋上」公式コミックアンソロジー に

12ページ作品で参加いたしました。

7月1日発売です。
 


 

ちょ…なぜに、もとさんが!? とお思いの読者さんも多いことでしょう。
 
去年(だったと思います)、「葬儀姫」でお世話になった編集さんから
「お久しぶりです。すごく面白い小説があるので送ります!」とご連絡をいただき、
びっくりするほど大きな箱で送っていただいたのが
「本好きの下剋上」の小説とコミックでした。
 
もう何年も英国関係の本(…と明治大正時代関係)しか読めていなかったので、
こんなに面白い、しかも本がテーマの小説があると、知らなかったのですよ。
 
面白かったですーー!ベンノさんが好き!という私に
編集さんが切り出しました。
「アンソロジーに描きませんか?」
 
そんなご縁です。

そして作者の香月美夜先生が昔から
わたしのコミックを読んでくださっていたことも
お伺いして、嬉しくなりました。

 
何年も前から「本好きの下剋上」を読み続けてこられた読者さんを、
がっかりさせない作品を書かなくては!と、
とても緊張もしましたが、
 
異世界に飛ばされ、命も危ういほど虚弱な身に転生しても、
本が大好き 本さえ読めれば幸せ! というマインちゃんは、
監獄の中でも本が読めれば笑顔になれたレディー・ヴィクトリアンのベルとも、
友達、それも親友になってくれそうな女の子で、
とても楽しく作画を進めることができました。
 
「本好きの下剋上」の愛読者さんに、楽しんでいただけることを、
心から願っております!
 
執筆者権限で、一足はやく読ませていただきましたが、
ほんとうに魅力的な絵の作家さんが勢揃いで、
とても読み応えがあって楽しい本ですよ。

写真家 ジュリア・マーガレット・キャメロン

川端有子先生から、またまた貴重なご本をご恵贈いただきました!

 

ヴィクトリア時代の写真家ジュリア・マーガレット・キャメロンについて書かれたご本です。
 


 
後ろの額の写真は、マーガレット・キャメロンではないのですが、
ほぼ同じ時代の写真なので並べてみました。
 
ヴィクトリア朝の後期からエドワーディアンにかけて、
こんな風に物語性の高い写真を作り上げた女性写真家たちがいました。
少年少女に天使の羽根をつけた写真は今も多くみられますが、
そういう写真の先駆者です。
 
コルセットに翼をお読みくださった読者さんにはおなじみの天使の羽根の子供。
あれももちろんそういったヴィクトリア朝の実在の写真がモチーフです。
 
ヴィクトリア朝の写真や女性の仕事に興味をお持ちの読者さんに、
絶賛おすすめいたします。
 

「天使がのぞきみー英国貴族と領民たちのひみつー」第14話

6/6発売の月刊プリンセス7月号に

「天使がのぞきみー英国貴族と領民たちのひみつー」

24p掲載です。

 

短編だけどネタ的にちょっと重要回。

シンクレア義兄妹の過去バナもありです。

 

「ヴィクトリア朝の女性と暮らし」

ヴィクトリア朝クラスタのみなさーん。

またまた必携の書が出ましたよ! 

川端有子先生からご恵贈いただきました。

「ヴィクトリア朝の女性と暮らし」

 

 

 

19世紀の庶民女性と女の子の暮らしが細密にわかるご本で、図版もたっぷりです!

都市部も農村部もそれぞれの暮らしが網羅されていて嬉しい内容!

 

それにつけても、この価格でこの内容の濃さ!

図版の多さに版面の見易さ読みやすさ!

 

いつもながら河出書房さんのふくろうの本シリーズには驚き感動します。

いつも素晴らしい本の発行をありがとうございます。

 

 

「パンチ&ジュディ」のイギリス文化史

「図説 英国レディの世界 」の岩田託子教授が翻訳された

「「パンチ&ジュディ」のイギリス文化史」を、ご恵贈いただきました。

 

 

以前パンチ&ジュディの本をいつか出したいとお伺いしてから、ずっと楽しみに待っていました!

ついに!英国クラスタさん必携の書がまた1冊!

 

 

そしてこちらは「レディー・ヴィクトリアン」にちらっと登場したパンチ&ジュディ。

 

 

 

 

救貧院で育ったグレイが初めて外の世界の楽しみを知った日の場面です。

月間プリンセス付録の番外編(単行本収録ずみ)より

 

 

<<back|<123456>|next>>
pagetop