April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

アンと教授の歴史時計・第3話「アン・1755年のフリート監獄にはいる」

anne6.jpg

「アンと教授の歴史時計」第3話前編
プリンセスGOLD5月号に掲載ですチャペルハート



今回のアンのタイムトラベルの赴任先は
1755年、18世紀半ばのロンドン、シティ区!
英国初の英語大辞典を作った偉人、ジョンソン博士と出会います。

それがなぜ監獄に!?

上の画像はタイトルページです。
雑誌掲載では、担当さんが
「未来の大海に乗り出すため 過去の歴史を修復せよ!!」と、
実にかっこいいキャッチを入れて下さってます。

で、そのキャッチがかっこよすぎて
「あの天文台」と指差す教授の手の先にある天文台が、隠れちゃってるのはご愛嬌!

(でも今回じぶんで文字いれてて思ったんですが、文字を縦にしても横にしても、天文台が隠れる位置が、一番ベストなんですよね。ブログ用画像はセリフを隠せるけど雑誌はセリフ隠せないので!あたりまえだけど!)

あと、わりとどうでもよい裏話ですが、グリニッジでこの風景の写真を撮ったのが、今年の1月で……
この冬のロンドンは、すごく暖かかったのですが、この日は雨で、風も強くて、めっちゃ寒かった!
でもそのおかげで、回廊には私たち以外誰もいなくて、写真取り放題!

ほんとは公園ももっと歩きたかったのですが、挫折してカフェでランチ食べてました。
作中で登場するランチはそこのものです。

 

「英国旅行記」掲載のお知らせ

4/15発売の増刊ハーレクインに、英国旅行記が掲載されます。



http://www.harlequin.co.jp/hqc/sp_harlequin/

下絵チラ。
編集部さんにリクエストいただいた「取材で出会った美形英国紳士」がテーマです。

4ページの短編ですが、お楽しみいただければ嬉しいです!




 

「アンと教授の歴史時計」1巻・発売です

「アンと教授の歴史時計」1巻、発売になりました!
Amazonの書影はちょっとハデしい色になってますが、
このブログにあるやわらかいピンクのほうが実物に近いです。
書店さんでお探しの際は、こちらの色で探してみてくださいね

amazon以外のネット書店さんはこちら


秋田書店さんサイトで、試し読みもしていただけます。 http://arc.akitashoten.co.jp/comics/anneprofessor/1



歴史を食い荒らす黒妖犬(ヴァイラス)に
寿命を奪われたヒロイン・アンと
愛猫のトム・タフィー

過去を修復して 自らの人生を取り戻すため
歴史学のアシュリー教授に導かれたアンは

19世紀のブレナム宮殿で
ウィンストン・チャーチル少年の
 ナースメイドになり
そして……
第2次大戦下のロンドンでは
恋を………




福家書店さんにカラーペーパーの書き下ろしをさせていただきました。
(こちらの画像は、文章等の入っていないものをモノクロに加工しています)


ミニカレンダーとしてお使いいただけるようになっております。
福家書店さんのどの店舗で配布されるのかは把握してなくて、申し訳ありません。


 書店さんではこんな風に帯がついています。



カバー裏はこんなかんじ!



ご近所の書店さんにて、お取り寄せが可能です。
下記情報をお伝えいただくとスムーズです。
秋田書店・プリンセスコミックス
「アンと教授の歴史時計」1巻
もとなおこ
ISBN : 978-4-253-27286-5


春ごろには、またプリンセスGOLDにて
「アンと教授の歴史時計」新作を
掲載していただく予定です!

2016年もどうぞよろしくお願いいたします!




アンと教授の歴史時計・1巻のお知らせ

 「アンと教授の歴史時計」1巻
 1/15日に発売が決定いたしました!
各ネット書店さんに、ご予約ページができています。

最近は電子でも読んでくださる方がとても増えたので、
紙の本はかなり部数がひかえめとなっております。

紙で入手をご希望の方は、ぜひ、ご予約をよろしくお願い申し上げます

ネット書店さん各所、または
ご近所の書店さんにて、ご予約が可能です。

秋田書店・プリンセスコミックス
「アンと教授の歴史時計」1巻
もとなおこ
ISBN : 978-4-253-27286-5


こちらの画像は、数点描いたカバーラフの中の1枚です。
カバーに採用となった絵とは異なります。
でもちょっとだけ同じな部分もありマス。








アンと教授の歴史時計・第2話後編

 

発売中の月間プリンセスGOLDに、第2話後編が掲載されております。

「アンと教授の歴史時計」第2話 後編
ーアン・1940年の空襲下ロンドンで恋をするー

第二次大戦下の英国女子の暮らしぶりを、ぎゅぎゅっと詰め込みました。
こんなエプロンや、メイクが流行っていたんだとか、
え?そんなグッズがあったの? とか、
そして、どんな食べ物が貴重だったのかとか、
いろいろ調べる中で、そういった豆知識的なお楽しみもありました。

女の子のロマンティックは、綺麗なドレスの時代でなくても、
決して止まらないのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<これまでのおはなし>

間違って命を絶たれてしまったアンは、
未来を取り戻すため、猫のトム・タフィーとともに
グリニッジ大学歴史修復科の学生となった。

彼女の指導を勤めるアシュリー教授とアンの
第2話のトラベル先は、第2次世界大戦下のロンドン!

アンは思いがけない肩書きで、思いがけない人と
出会う事になります。そして……アンの初恋とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、ご報告です。
このお話、皆様の応援のおかげで、来年もう少し描かせていただけることになりました。
本当にありがとうございます!!
引き続き「アンと教授の歴史時計」にご声援をお願い申し上げます。

第3話の掲載予定は、2016年の春頃です。
ずいぶん気長なお話ですみません(′>ω<‵)
年明けにはまた英国で、がっつり取材写真をとってきます。



<<back|<15161718192021222324>|next>>
pagetop