February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

天使がのぞきみー英国貴族と領民たちのひみつー 第8話掲載

6/6発売の月刊プリンセス7月号に

 

天使がのぞきみ 第8話 カラー付きで掲載です!

 

 

カラーの全体像は雑誌をチェック!

 

 

天使がのぞきみ・葬儀姫のご注文にお役立てください

「天使がのぞきみー英国貴族と領民たちのひみつー」第2巻が、6/14発売です。

書店さんでお取り寄せの際には、こちらの画像を見せていただくと、スムーズです。

 

 

 

 

新装版「葬儀姫 ロンディニウム・ローズ物語」第1巻、6/23発売です。

書店さんでご予約・お取り寄せの際には、こちらの画像を見せていただくとスムーズです。

書店さんによっては3巻までまとめてご予約も可能だそうです。

 

天使がのぞきみ ー英国貴族と領民たちのひみつー 2巻

 

 

 

6/14 2巻が発売です!

デジタル版も同時発売のため

紙本の部数がかなり控えめです。

紙本ご希望の読者さまは書店さんにご予約を〜(^ ^)!

 

天使がのぞきみ ー英国貴族と領民たちのひみつー2巻

ISBN:978-4-253-27292-6

秋田書店プリンセスコミックス・もとなおこ

 

 

 

 

 

「葬儀姫 ロンディニウム・ローズ物語」1巻のカバーが公開されました

 

「葬儀姫」新装版(3巻は初刊行)1巻の

書影が公式サイトに公開されました。

http://www.mugentou.com  

 

連載当時、読者さんから好評をいただいた絵を

新たにカバーとしてデザインしていただきました!

 

カバー裏は、担当さんと一緒にチョイスした線画に、新たな着色を行いました。

 

夢幻燈コミックスは、ハーレクイン・ロマンスのハーパーコリンズ・ジャパンさんが版元。

そんなわけで「葬儀姫 ロンディニウム・ローズ物語」も、

きらびやかなロマンスと並べて広告を出していただいてます!

 

 

3ヶ月連続刊行、全3巻。

第1巻は、6/23日発売です。
葬儀姫を紙本で入手していただく最後の機会となりますので
どうぞぜひご予約を!

 

 

ハーレクイン新作「売り渡された娘」

 

「売り渡された娘」

Kindleや Yahoo!ブックストアで、配信が始まりました!

Rentaさんなども、順次公開予定です。

 

       5/12 追記

 

 

 

 

え〜 ハーレ第1作目のタイトルと酷似していますが、

新作です(笑)

 

3月10日に、紙のコミックスが出る旧作は

「売り渡された 淑女」 (原題・Captain Corcoran's Hoyden Bride)

 

3月10日に、雑誌ハーレクインオリジナルに掲載の新作は

「売り渡された 」  (原題・The Wager)

 

ハーレのヒストリカルのヒロインたち、

売り渡されすぎですね。

 

時代も設定も原題もまったく違うのですが、

日本語版のタイトルがそっくり 仲良し姉妹のようです。

 

さて、新作の内容は……

原作の冒頭を公式サイトより抜粋

 

 

16歳の孤児マリアンは後見人のミスター・カーステアズから、

今後は彼の知り合いの上流階級の紳士のもとで暮らすようにと告げられた。

 

マリアンは相手が親切な老紳士にちがいないと思いこんだが、

彼女を迎え入れたピーター・デズモンドは、

まさに略奪者という言葉がぴったりの野性的な若い男だった。

 

なんと彼はポーカーでミスター・カーステアズと勝負し、

マリアンの“後見人”の権利を勝ち取ったのだという。

しかも彼女を高級娼婦だと信じ………………

 

 

さてどうなるマリアンの運命!

 

このお話、ものすごく可愛いのです。

ザ・少女漫画!!

勘違いしちゃったピーターの狼狽っぷりも、その後の必死の紳士ぶりも、

そしてふたりの気持ちが少しずつ寄り添っていく様も、

 

とてもとても少女漫画。

 

今回のハーレのヒーロー、ピーター・デズモンドさんは、

原作小説(日本版)の人物紹介ではざっくりと「貴族」と書かれているだけですが、

「貴族の血筋であるジェントリー」 が彼の詳細プロフィール。

 

拙作「ガーフレット寮の羊たち」のアーネストと同じ階級になるのですが、

この階級、貴族的な雰囲気と自由さの、なんというか「いいとこどり」ができて、

物語の主人公としてとても魅力的な階級なんですよね。

 

 

ところで野性的〜というと、肉食獣を思い浮かべるのですが、

原作から感じた野生〜は、

肉食獣な獣というよりも、広い意味でのワイルド

大自然 ナチュラル そんな感じの雰囲気でした。

お屋敷とその周囲を包む、野生の森の中で出会った

乙女と森の王……

 

そんなロマンティックな物語を

どうぞお楽しみください

 

ハーレクインオフィシャルサイトのページはこちら!

http://www.harlequin.co.jp/hqc/hqoriginal/

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

<<back|<123456789>|next>>
pagetop